ボウリングのカーブボールの投げ方

東大卒プロボウラー山本幸治が
アベレージ200超えを目指す秘訣を公開!
ボウリング

ボウリングのボールの投げ方には、フックボール・カーブボール・
ストレートボール・バックアップボールの4種類があります。

自分でフォームを修正できるようになり、イメージどおりのボーリング
のボールの投げ方が出来るようになったなら、いろいろな投げ方を
取り入れてみるといいでしょう。

ボウリングの投げ方の中でカーブボールは人気があります。
それは、カーブボールは、ボールに強い回転がかかるのでボールが
ピンにぶつかった時に飛ばす力もとても大きいので、ストライクの時に
派手な演出が出来るからです。

カーブボールは、投げた直後に大きくボールが右にカーブしながら
ピンに近づくので、コントロールするのが難しいとも言われています。

ボウリング場で利用出来るハウスボールは、ストレートボールを
投げやすいように作られているので、カーブボールやフックボールを
投げたいという方はマイボールを作る事をおススメします。

ハウスボールは重心や穴の位置がストレートボール用に出来ているので、
ハウスボールを使用してカーブボールやフックボールを投げようとすると
手首などを痛めてしまいますのでマイボールで投げましょう。

カーブボールはリリースする時に、ボールを親指を9時の方向に
向けて大きく回転をさせながら、手のひら全体で抱えるように
親指を早目に抜き中指と薬指を抜いて投げます。
そうする事でボールをリリースする時に90度近く回転させる事が
出来るのです。

親指をボールを持つ時の基本の12時から9時に向けるタイミングが
ポイントになります。カーブボールでストライクを狙うには、1番ピンと
3番ピンの間を狙うといいでしょう。

ボウリングのボールの回転数と進行方向のスピードが合うと
カーブボールを投げることが出来ますので、いつもの投げ方で
カーブさせたければボールのスピードを落とすか回転数を
あげる事を中心に練習するといいと思います。

初心者の人がカーブボールを投げたい場合は、最初の構えを
小さくしたり、アプローチをゆっくり歩くなどしてボールの
スピードをコントロールするといいと思います。

練習や工夫などをして自分なりに狙うラインやリリースの
ポイントを探してカーブボールを投げてみて下さい。

フィード