ボウリングのルールを理解しよう

東大卒プロボウラー山本幸治が
アベレージ200超えを目指す秘訣を公開!
ボウリング

ボウリングは誰でも楽しんでやる事の出来る室内スポーツの一つです。
どのようなスポーツにもルールはありますよね。
ボウリングにもルールがあるので基本的なルールは是非覚えておきましょう。

レンタルシューズの場合は、いろいろな人が履くので清潔を保つ為に
必ず靴下を履きましょう。
投球したらアプローチから降りましょう。
ボールを拭く場合もアプローチから降りて拭きましょう。

そして、アプローチには2人以上の人は入らないようにしましょう。
ファールラインを踏み越えて投球すると反則になり、ピンを何本
倒しても無得点になります。

隣のレーンと同時に投球してはいけません。
両隣の人を見てボールを投げましょう。
常に右側レーンの投球者が優先になりますので、右側のレーンの人が
投げ終わってから投げましょう。

レーンやアプローチは水分が嫌いなので、飲食をしてはいけません。
お酒を飲んでボウリング場でプレイしてはいけません。
もちろん、プレイ中にお酒を飲むのも禁止です。

ボールを投げる時は、レーンにドンと放り投げてはいけません。
このような投げ方をロフトボールと言いますが、レーンを傷つける事に
なるのでロフトボールは禁止です。

ナイスプレーには拍手を送りましょう。
しかし、ボウリング場には真剣にプレーしている人がいますので
迷惑がかかるような騒ぎ方は慎みましょう。

ストライクの場合は次の2投目で倒したピンの数を加算し、
スペア-の場合は次の1投目で倒したピンの数を加算します。

ボールとシューズをレンタルした場合、ゲームが終了したら
ボールは元のボールラックへ、レンタルシューズは
貸し靴カウンターにきちんと返却しましょう。
ルールを守ってボウリングを楽しみましょう。

フィード