ボウリング靴の注意点

東大卒プロボウラー山本幸治が
アベレージ200超えを目指す秘訣を公開!
ボウリング

ボウリングは老若男女問わず、天候に左右されずに楽しめるスポーツ
として最近また人気が出てきています。
ボウリング場でプレイする時は必ずボウリング用の靴に履き替えます。

初心者の人はボウリング場で貸してくれるレンタルシューズを借りて
プレイする事になります。
ボウリングの靴のサイズは自分の足のサイズにピッタリあったものを
選んで下さいね。

ボウリング用の靴を履く時は靴下を履く事がマナーです。
靴下を履くという事を考えて窮屈すぎず、ゆるすぎない靴を選んで下さい。

ボウリングの靴は、これからもボウリングを定期的にやろうと思っている方は
自分専用の靴を購入する事をおススメします。

なぜ?って思う方も多いと思いますが、ボウリングの靴は貸し靴と
自分で購入した靴とでは、靴底の構造に大きな違いがあるんです。

ボウリングの球を右投げで投げた場合は、最後に右足で蹴って左足で
スライドしていると思いますが、自分専用の靴の場合は球を投げた時の
足の事を考えて右足の底は滑りにくい素材になっています。

逆に左足の底は滑りやすい素材になっているんです。
貸し靴の場合は、両足の底が滑りやすいようになっているという
違いがあります。

ボウリングの靴が安定する事により投げやすさやコントロールの良さが
変わってきますので、できれば自分専用のボウリング靴を購入する事が
上達にもつながってきます。

ボウリングの靴は入門用でしたら3000円程度で購入する事が出来ます。
貸し靴はだいたい1回300円位なので、10回ボウリングをする事を思えば
決して高い買い物ではないと思います。

ボウリングの靴はボウリング場の「プロショップ」で誰でも購入する事が
出来ます。
プロショップでは、ボウリングに精通したスタッフがアドバイスもしてくれます
ので自分にピッタリあった靴を購入する事が出来ます。
実際に履いて足幅や固さなどご自分に足にあったボウリング靴を選んで下さい。

フィード