ボウリング リリースのポイント

東大卒プロボウラー山本幸治が
アベレージ200超えを目指す秘訣を公開!
ボウリング

ボールから手を離すタイミングをリリースと言います。
ボウリングのボールを投げる時に親指をどのタイミングで抜くかが
とても重要なポイントになります。

ボールから親指を抜くタイミングが早くても遅くても、コントロールの
バランスが崩れてしまいますので気をつけましょう。
ボールコントロールのバランスを安定させる為に、親指を抜く
タイミングを確立させましょう。

ボールから上手に手を離すためには、親指をきちんと安定させた
状態でタイミングよく指を抜かなくてはいけません。
親指だけに気をとられているとファームが崩れてしまうのでフォーム
にも注意しましょう。

ボウリングのリリースで親指を痛める人は案外多いという事を
知っていますか?
間違った投げ方をしていると親指を痛めてしまいます。

親指が痛くなったり、皮がむけたり、タコが出来てしまう場合は
親指のリリースの仕方が間違っていたり、ボールのサイズが
合っていないという場合が多いです。

その場合はステップをしないで投げたり、1回のステップでボールを
投げる練習をしてみてはいかがでしょうか。

ボールを投げる時は自分の力で投げるのではなく、スイングの時の
遠心力を使うように転がすように投げる事も大切です。

ハウスボールで中指と薬指を入れる2つの穴と親指を入れる穴の
距離が短いので、ボールを構える時に3本の指でボールを握って
親指だけを先に抜くのは難しいです。

マイボールですと指穴の距離が広いので、親指だけを先に抜きやすい
ので、マイボールを持つ事をおススメでます。

フィード