ボウリングと「ぎっくり腰」

東大卒プロボウラー山本幸治が
アベレージ200超えを目指す秘訣を公開!
ボウリング

ボウリングをした後に腰が痛い、しゃがめないという人はぎっくり腰に
注意しましょう。
ボウリングをした後に腰の調子がおかしいと感じた方は気を付けて下さい。

ボウリングのボウルを投げる時に、身体にねじれが入る事により
腰のバランスが崩れた状態になる事が多いです。

腰に不調を感じている時にボーリングをした後に激痛が始まり
しばらく歩けなくなった、ぎっくり腰になっってしまったという人も
いらっしゃいます。

ボウリングのボウルを投げる時に右利きの人は右腰を前にねじって
ボールを転がしますが、毎回同じ動作を繰り返し行っているうちに
右腰の骨が神経を圧迫してしまい腰痛になります。

ボウリングがうまくなりたい一心でボウリングに夢中になっているうちに
腰がゆがんでぎっくり腰になりやすくなります。
腰痛によりぎっくり腰を起こしやすい人は腰椎や仙骨がずれている
可能性がありますので、早めに病院などで治療を受ける事をおススメします。

片側の筋肉のみを酷使するスポーツをされる方は、筋力を維持する
運動を日頃からして鍛えておきましょう。
そして、下半身の新陳代謝を整えておきましょう。
ぎっくり腰を頻繁に起こす人は、ヒネリが入るスポーツは腰に負担が
かかるので避けた方がいいと思います。


フィード